interview

|

2017年7月まで国税局統括調査官として勤務し、この度、R’z・エバーラスティングの常務取締役として弊社に入社した「相続税のプロフェッショナル」杉浦氏と「不動産投資のプロフェッショナル」株式会社R’z・エバーラスティング代表取締役 石村氏のスペシャル対談

石村:改めてになりますが、今までの経歴とアールズに入社したきっかけを教えてもらえますか?たしか橋村専務とのご縁でしたね?

杉浦:はい、ではまず私の経歴から。1964年奈良県生まれで、大学卒業後に国税専門官として大阪国税局に入局してから約28年間、資産課税分野を専門として相続税と土地や株式のキャピタルゲイン課税を担当していました。 脱税の温床となっていた割引債券10億円を隠匿していた相続税事案や株式売却利益30億円を全く申告していなかった事案の調査を指揮・監督するなど、大口・悪質事案の調査に携わってきました。 入社のきっかけは、妻が若かりし頃に放送局の仕事に携わっていまして、その当時の上司が現在の東京支社の橋村専務というご縁を頂いた事が一番です。ただ仕事柄と言ってはなんですが、アールズの財務体質がしっかりしているという事も転職に際して大きなポイントでした。それで妻も喜んで賛成してくれてアールズの一員になりました。

石村:そうでしたね。そんな経歴をお持ちの中で特に得意としている分野はありますか?

杉浦:やはりこれまでの経歴から、相続税関係を最も得意としています。

石村:お客様との会話の中で相続の話もよく出てくるのですが、他の税理士と比べて強みはありますか?

杉浦:まず一つは、国税出身というネームバリューと税務調査など国税局の内情に精通していることが挙げられます。もう一つは、私が得意としている相続税の分野では、全国に7万人以上いると言われる税理士の中で相続税に強い税理士が非常に少ないことです。所得税や法人税など様々な税金がありますが、相続税ほど税理士の腕前によって税金の計算結果に大きな差が出てしまう税目はありません。これは、相続税が民法をはじめとした種々の法律と複雑に絡み合っているのと不動産を主とした財産評価が極めて難解であるがため、豊富な経験と専門的知識が 要求されるからです。

石村:そんな豊富な経験と知識が要求される分野での新たな挑戦となるわけですが、今までとは全く異なる業界への転職に不安はありませんでしたか?

杉浦:今まで堅い仕事に就いていた自分にとって、面白いなという気持ちとは裏腹に、正直なところ、大丈夫だろうかという不安もありました。

石村:そうですよね。世間一般に持たれているイメージがあまり良くない。同業者で自社の利益追求だけに走ってしまっているところも多くあります。その中でアールズは、お客様との絆、社員との絆、関連する業者様との絆を大切に、またこの絆が永遠に続くような会社づくりを心掛けています。杉浦さんは、どういったことで不安を払拭できましたか?

杉浦:橋村専務にお会いした時に「業界としては怪しいイメージを持たれているけど、我々はこの業界でどこよりもお客様に信頼される会社になりたい。だから力を貸してほしい。」という熱意ある説得がありました。何度かお会いするうちに、だんだん橋村専務と一緒に仕事がしてみたいという気持ちになっていきました。そんな時、橋村専務の「私もアールズエバーという会社の前に、石村社長の人間性や仕事に対する取り組みに共感した一人なので、一度、石村社長とも会ってほしい」という話がありました。そうして石村社長ともお会いすることになりました。お話していくにつれて、不思議と転職することに対しての迷いが吹っ切れるのに時間は掛かりませんでした。

石村:それはちょっと照れちゃいますね…。もっと詳しくお聞かせいただけますか?

杉浦:どちらかというと今までの仕事は、商売をされている方にとっては「できれば会いたくない人」「関わりたくない人」であったわけです。アールズに入社すれば、これから沢山の方とお会いして、自分が今まで培ってきた国税局で習得したノウハウを、皆さんのために少しでもお役に立てることができるなら、自分の人生の後半は、人様に喜んでもらいながら、ワクワクした気持ちを持って過ごしていく事ができるんじゃないかと期待が溢れてきました。社長は日頃、経営者としてどのような思いをお持ちですか?

石村:アールズは「絆」が永遠に続くような会社を目指しています。そして企業理念としては、「大壁粉砕」を掲げていています。事業を続けていく中で、いくつもの壁にぶつかることがあります。それをただ乗り越えるのではなくて、粉砕して乗り越える。そうすれば後に続く者達に一筋の道がつくられると考えています。そのためには、常に目標や問題意識を持ち、スピード感ある判断も必要です。今回、杉浦さんに入社してもらったことで、相続分野にも力を入れて、お客様に生涯寄り添い、人生における全ての節税をサポートさせて頂くことができるようになりました。私も今後の新たなアールズの展開に期待しています。

杉浦:「『なんでテレビ局の取締役を辞めてまでアールズへ行くの?』と言われる私と、『なんで国税局の統括調査官を辞めてまでアールズへ行くの?』と言われる杉浦さんと、二人の力を合わせて、石村社長の夢を1つずつ実現していくパートナーとして一緒に仕事をしていきませんか?」という橋村専務から最後に力強く言われた言葉が印象に残っています。私も最後には「よし、やってやるぞ!」という気持ちでいっぱいになりました。

石村:嬉しいですね。ありがとうございます。ちょっと実務的な話を聞きたいのですが、確定申告する場合、国税局のチェックポイントはあるのでしょうか。

杉浦:税のプロ集団ですので、当然あります。さすがにこの場でオープンにはできませんが、今後、アールズファミリーの皆様の税申告や節税対策の相談の際には、国税当局のチェックポイントはもとより、これまで国税の職場で培ってきたノウハウやスキルを惜しみなくご提供しますので、ご期待下さい。

石村:節税に関して、裏技(テクニック)的な方法はあるのでしょうか?

杉浦さん:私が推奨する相続税の節税策は何点かあります。今後、アールズファミリーの皆様にご提案し、少しでもお役に立てればと思っています。ここで一例だけ申し上げますと、少し手前みそになりますが、アールズが提供する良質な賃貸マンションは、相続税対策に絶大な効果を発揮するということです。また何かの機会があれば詳しくご説明させて頂きます。

石村:ずばり、お客様のための節税は可能ですか?

杉浦さん:可能です。相続税の節税効果は、いざ相続が発生した時より5年前、それより更に5年前といったように早ければ早いほど効果を高められますので、将来の相続に不安を感じておられるお客様は、是非早いうちに遠慮なくご相談いただければと思っています。

石村:杉浦さん、アールズの一員として今後の活躍を期待しています。抱負をお願します。

杉浦さん:これまで富裕層の税金と言われてきた相続税が、平成27年の税制改正で非課税枠が大幅に縮小され、一般の人々に対してより身近な税金となりました。このような社会情勢の変化をただ指をくわえて待つのではなく、大きなビジネスチャンスと捉え、この度アールズの一員となりました。 国税の職場で「資産税に杉浦あり」と言われた能力を、これからはアールズの職場で如何なく発揮し、アールズファミリーの皆様をはじめ、その身内の方や知人の方など「絆」を大切にして幅広く全力でサポートしていきますので、よろしくお願いいたします。

株式会社R’z・エバーラスティング
代表取締役 石村 祐一郎
株式会社R’z・エバーラスティング
常務取締役 杉浦 勝
(杉浦勝税理士事務所 代表)